人事考課システムを導入して分かりやすい考課を目指そう

職場にはそれぞれの立場の方がいて、それぞれに色んな悩みを抱えています。例えば人事考課について考えてみましょう。経営者や人事担当の悩みとしてよくあるのが、

・従業員を増やしたいけれど増やしたことによって従業員の管理が疎かになりそうだ

・従業員の仕事に対するモチベーションを上げるためにはどうしたらいいのか

・離職率が高くなりつつあるため従業員が働きやすい職場を作りたい

・人事考課がアナログのため作業に時間がかかりすぎて効率がよくない

・人事考課の進行状況が分かりにくい

従業員の悩みとしては、

・なぜ同僚との評価に開きがあるのかその原因を知りたい

・上役が会社に対してどのような考え方を持っているのか知りたい

これらの悩みを解消するために人事考課システムを導入している会社が増えてきました。人事考課システムは従業員が多い企業向け、従業員が少ない企業向けがありますので、規模に合ったシステムを選択するといいでしょう。

人事考課とは従業員を評価するためだけではありません。一人ひとりがどのような能力を持ち、その能力が存分に発揮されているかどうかなども管理することも目的になっています。システム化することで平等に従業員を評価できるだけでなく、従業員のスキルアップを目指すことも可能になります。

Leave a Comment

Filed under ビジネス全般

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>